失敗したくないなら禁煙治療薬

喫煙による健康被害は昔から報告されており、肺がんなどのリスクを高めてしまいます。
肺がんを含めた呼吸器系の病気を発症しないためには、禁煙を行うことが最も効果の高い方法となります。
従来まではニコチンパッチやニコチンガムを使用した治療方法を行うものが多かったですが、現在では2006年より禁煙に関しても保険適用を行って医療機関で治療することが可能になっています。
保険適用が受けられることによって、禁煙効果を得ることができる禁煙治療薬を服用する治療方法が、現在の主流と言えます。
従来の治療方法と比較して、徐々に喫煙を減らしていくことが可能ですし、体に負担のかからない形での治療法となりますので、ニコチンパッチやニコチンガムを使って禁煙に失敗した経験のある人にもおすすめの方法になります。
禁煙治療薬のバレニクリンは禁煙外来などを受診することによって、医師の診療を受けてから処方してもらう医薬品です。
医師の指示を受けながら約12週間にわたって、服用を継続して行う必要があります。
処方させる禁煙治療薬の容量も定められていますので、医師の指示に従って治療を進めていくことになります。
バレニクリンの服用はしっかりと食事を摂取した後に、朝夕2回にわたって行います。
飲み薬で手軽な方法で禁煙治療が行えることもあって、ヘビースモーカーや何度も禁煙に失敗してしまった経験を持っている人であっても、再びチャレンジできる治療方法と言えます。
バレニクリン自体にはニコチンは含まれていませんので、従来までのタバコを吸わないことで禁断症状を抑えるためにニコチンパッチなどを張り付ける治療とは根本から異なります。
バレニクリンはニコチン受容体と結びつく効果がありますので、タバコを吸わなくても大きな離脱症状を減少させながら治療が行えます。

■禁煙治療薬といえばコレ
チャンピックスで禁煙はじめよう